ケアマネージャーとはについて

ケアマネージャーの仕事に関しての説明です。

スポンサードリンク

ケアマネージャーとは最新記事

ケアマネージャー

ケアマネージャーの存在は、介護保険制度の運営にとって、役割を果たします。

けあまねーじゃーは基本的には要介護を希望する人のカンセリングを行い、介護プランを立て、地方公共機関に要介護の申請を行います。
ケアマネージャーに、要介護の必要性があると認められないと、介護サービスを受けることは出来ません。
仕事の内容は要介護の認定、要介護プランの作成に止まらず、仲介や介護作業の管理、要介護給付金の管理など、多岐にわたる業務があります。
仕事では、要介護認定の最終権限は無いが、中核的な作業を担うので、要介護認定もケアマネージャーの認定判断によって下されると言っても過言ではないでしょう。
介護制度の運営権限は、介護認定審査会に有るが、認定基準は統一的な運用ができているとは言えず、多くの場合ケアマネージャーの肩にかかっていると言えます。

介護保険制度は、介護の現場で多くの問題を引き起こしています。

介護保険制度の自己矛盾では、制度運営に余分なコストが必要なため、財政破綻の恐れがある社会保険に新たなコスト増を招き、介護保険給付の削減を引き起こしています。

介護サービスのため介護保険制度自体が、自分で自分の首を絞めるようになっています。
介護施設に過酷なコストカットを強いるだけでなく、それらの存亡さえも危うくしています。
介護保険制度には、必ず手が入れらると思われますが、ケアマネジャーにとって、頭の痛い問題になるのは、確実です。

ケアマネージャーとはカテゴリー項目一覧