ハワイアンキルトの解説について

ハワイアンキルトに関してさまざまな情報をお届けします。

スポンサードリンク

ハワイアンキルトの解説最新記事

ハワイアンキルトとは

ハワイアンキルトとは、1820年頃にハワイにやって来たイギリス人の宣教師によってパッチワークキルトが長い年月を掛けて独自に、ハワイ風に発展したキルトのことです。
地方では防寒用やご存知のとおり、ハワイと言えば常夏の島です。
常夏の島のハワイで発展したハワイアンキルトには良い意味で機能性は少なく、その代わりにデザインが洗練されています。

キルト発祥の地とは違って、ハワイでは主に上流階級の婦人方が、暇つぶしと言ったカタチで始めました。
黒色は、日本でもそうですが、ハワイでは特にあまり縁起の良くない色とされていて使われることはありません。
考えると黒はそれが原因の習慣かも知れませんね。
ハワイアンキルトでは生き物をモチーフにすることもありません。
そんな言い伝えが出来たのかは、残念ながらわかりません。
上にも書きましたが、ハワイは気候が大変暑いところなので、ハワイアンキルトの多くは飾り物として使われてきました。

本場のヨーロピアンキルトやアメリカンキルト以上に、繊細かつ秀麗なのです。
そんなハワイアンキルトを、思いませんかハワイアンキルトと呼ばれているわけですが、ハワイ風のデザインであれば何処で作ろうとハワイアンキルトに違いありません!ハワイアンキルト作成キットみたいなものを買うか、あるいはハワイアンキルト日本アソシエイトのようなサービスに入会するか、それともハワイアンキルトを取り扱った本などを参考にご自分で布を選ぶか、方法は様々です。