TOP >  エアロビックスとは

スポンサードリンク

エアロビックスとは

エアロビクスは、有酸素運動として広く定着しましたね。
一時は猫も杓子もエアロビクスと大ブームになり、騒がれて増したが、今は落ち着いていますね。

エアロビクスの選手は、誰でも簡単にできる有酸素運動とは思えない、体つきをしていますね。
エアロビクスの秘密がそこに有るんです。
有酸素運動は、体内に多くの酸素を取り入れ、新陳代謝を活発にして脂肪の代謝を促し、ダイエット効果も期待できるのです。
自然な代謝機能を活発にする運動と言われています。

エアロビクスは代謝機能を活発にすることが目的の運動だから、体力に見合った運動が基本となります。
スポーツ全般では、エアロビクスが有酸素運動なのにに対して、無酸素運動がほとんどです。
無酸素運動は、筋肉運動を中心にし、糖質をエネルギー源とする運動ですが、目的は筋力アップで、脂肪代謝とは直接的に関係はありません。
アスリートの多くが、身体に故障を持っているのは、無酸素運動を限界まで行ってるからだとも言えます。
筋力トレーニングでは、脂肪燃焼にはならないので、負荷のかからないエアロビクスなどの有酸素運動を行うことが、最適と言えます。
エアロビクスを続けると、脂肪が無くなり、筋肉の糖質がエネルギーとして使われ、プロのエアロビクスの選手のような体格になってきます。

関連エントリー

エアロビックスとは