バレエシューズを解説について

バレエシューズを普段利用されている人も増えています。詳しい説明をここで

スポンサードリンク

バレエシューズを解説最新記事

バレエシューズの説明

バレエシューズを普通の靴として履く人が増加しています。
これはトウシューズと思われやすいですが、トウシューズとは別物で、つま先が丸く、かかとの無い、素足感覚の靴を指します。
ブリジット・バルドーやジェーン・バーキンなどがよく履いていました。
最近は街中でバレエシューズを履いてる女性が多く見られるようになりました。
素材は、革や布が中心で、中には舞台用と同様にサテンが使われているものも有ります。
バレエショーズは、足にフィットして履き心地は良いですが、日本のバレエショーズメーカーは、キャンパスかチャコットしかなく、レペットなどの外国製品は、足にピッタリしたものを探すのも大変です。
オークションでも、バレエショーズの出品を多く見かけますが、サイズ少なく値段も安くありません。
オリジナルのシューズを出している所も有りますが、バレエシューズ専門のメーカーで無ければ安心出来ません。
バレエシューズの製作工程は、1足のバレエシューズができるまでには、30人以上の職人の手が入るほど、多くの工程をへ、手間暇かけて出来上がるとので、接着剤で靴を作るシューズメーカーは、一朝一夕には真似の出来ない代物である事は確かです。
靴や洋服は日本人がどんなに逆立ちしても、ヨーロッパの伝統には叶いませんから、当分は、バレエシューズを紹介しているWEBサイトでこまめに探すか、海外旅行の友達に頼んで買ってきてもらう以外、良いバレエシューズを手に入れる方法はないようです。